平野啓一郎の人気度はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

金原ひとみと平野啓一郎のトークイベント



楽天はこちら
あなたが、いなかった、あなた
ハイドラ

2007年5月、青山ブックセンターで、平野啓一郎と金原ひとみのトークイベントがありました。「あなたが、いなかった、あなた」と「ハイドラ」のプロモーションですね。管理人も行きましたが、満員盛況でトークも穏やかに進みました。話し慣れている平野啓一郎がさりげなくリードしていた感じです。島田雅彦高橋源一郎と忘年会をしたら金原ひとみがいちばんお酒が強かった、などプライベートネタもありました。金原ひとみはきれいな方でした。

FC2ブログランキングクリックして応援お願いします!

スポンサーサイト

2008年06月14日 2007年 トラックバック:0 コメント:0

島田雅彦の後継者?

2007年5月、6月、10月に、平野啓一郎はNHK「ぴあのピア」に出演しましたが、こちらでもそのあたりのインタビューが読めます。ここにも書きましたがTVはたいていNHKで、文学、思想、芸術をやや高い位置から優雅に語り、知性をまとって大衆を啓蒙、政治的振る舞いにも長け、さりげなく人脈、出世、収入を手に入れている。「パロディ」と「再来」の違いはありますが、最近すっかり島田雅彦みたいになりました。

FC2ブログランキングクリックして応援お願いします!

2008年06月13日 2007年 トラックバック:0 コメント:0

平野啓一郎の授業

2007年6月、福岡市の西南学院大学で平野啓一郎の公開授業がありました(こちらでもその様子を見られます)。

またこちらのブログでもその時期行われた別の講義を90分間視聴できます(下の方にある「コレ」をクリック)。

FC2ブログランキングクリックして応援お願いします!

2008年06月10日 2007年 トラックバック:0 コメント:0

性欲と平野啓一郎



こちらの続きです。馬が崖を駆け上っている姿(笑)。平野啓一郎は「布団に入って15分眠れなかったら、仕事することにしている」とどこかで言ってました。睡眠時間は6時間と決めているそうです。時間節約への高い意識が膨大な仕事量を可能にしているのでしょうね。

FC2ブログランキングクリックして応援お願いします!

2008年06月10日 2007年 トラックバック:0 コメント:0

就職氷河期と子犬のワルツと平野啓一郎



2007年2月の「つながるテレビ@ヒューマン」に谷村新司とゲスト出演した際の映像です。翌週にも美輪明宏と出ています。2002年のこちらや最近のこちらなど、NHKにはときどき出演しますね。

FC2ブログランキングクリックして応援お願いします!

2008年06月10日 2007年 トラックバック:0 コメント:0

美輪明宏と瀬戸内寂聴と平野啓一郎2



美輪明宏と瀬戸内寂聴と平野啓一郎の続きです。書籍版はこちら

FC2ブログランキングクリックして応援お願いします!

2008年06月10日 2007年 トラックバック:0 コメント:0

「巧みに生きるか、善く生きるか」



楽天はこちら
善き人のためのソナタ グランド・エディション<初回限定生産>2DVD+CD
善き人のためのソナタ スタンダード・エディション(DVD) ◆20%OFF!

小説「『フェカンにて』」で語られる主人公の内面の葛藤「巧みに生きるか、善く生きるか」は、こちらに書かれているように今月刊行予定の長編小説「決壊」の「沢野崇」に受け継がれています。平野啓一郎は「フェカンにて」で、自分の寛大で温厚な性格を可能にするものは「深刻なニヒリズム」であるといいます。これはそのまま沢野崇の人物造形で、つまり沢野崇には作者の一側面が投影されているわけです。ただ、ショパンは「絶望し、且つ自殺しない人間」(『フェカンにて』)でしたが、沢野崇は「絶望し、自殺する人間」です。これが現代を生きる平野啓一郎の解答となるのでしょうか?

この「巧みに生きるか、善く生きるか」という問いは大きな反響を呼びました。こちらを始め、トラックバックで色々な方のコメントが読めます。多くの現代人が関心を持つ普遍的な問いなのでしょう。

FC2ブログランキングクリックして応援お願いします!

2008年06月06日 2007年 トラックバック:0 コメント:0

美輪明宏と瀬戸内寂聴と平野啓一郎



書籍版はこちらです。面白い内容で買って損はないですね。しかし、横尾忠則、美輪明宏、瀬戸内寂聴 、石原慎太郎、ドナルド・キーン、島田雅彦、こうした交流の影には常にあの人物が。。。

FC2ブログランキングクリックして応援お願いします!

2008年06月06日 2007年 トラックバック:0 コメント:0

平野啓一郎が梅田望夫に薦めた本



楽天はこちら
ベネディクト・アンダーソン グローバリゼーションを語る

こちらにあるように平野啓一郎が梅田望夫に薦めた本です。平野啓一郎の思考や発言を理解する助けになる良書であり、現代社会を生き抜くためのサバイバル本でもあるように思います。おすすめです。

FC2ブログランキングクリックして応援お願いします!

2008年05月26日 2007年 トラックバック:0 コメント:0

ドナルド・キーンと平野啓一郎



楽天はこちら
源氏物語(巻1)
細雪(上巻)改版
野火改版

ドナルド・キーンさんと対談(公式ブログ)

平野啓一郎が聞く ドナルド・キーンの世界【上】
平野啓一郎が聞く ドナルド・キーンの世界【下】

内容とは関係ないですが、平野啓一郎がドナルド・キーンと対談したのは2006年11月6日、しかし新聞記事になったのは2007年7月31日。記事になるまですいぶん時間が空いたのですね。

FC2ブログランキングクリックして応援お願いします!

2008年04月30日 2007年 トラックバック:0 コメント:0

あなたが、いなかった、あなた



楽天はこちら
あなたが、いなかった、あなた

やがて光源のない澄んだ乱反射の表で…『TSUNAMI』のための32点の絵のない挿絵/鏡/『フェカンにて』/女の部屋/一枚上手/クロニクル/義足/母と子/異邦人・7‐9/モノクロウムの街と四人の女/慈善 (BOOKデータベース)

『あなたが、いなかった、あなた』刊行に寄せて
小説は常に『あなたが、いなかった、あなた』?(公式ブログ)

FC2ブログランキングクリックして応援お願いします!

2008年04月30日 2007年 トラックバック:0 コメント:0

マイルス・デイヴィスとは誰か──「ジャズの帝王」を巡る21人



楽天はこちら
マイルス・デイヴィスとは誰か
ベスト・オブ・ジャズ・ピアノ
マイルス・デイヴィスの真実

マイルス・デイヴィスは、常に新しいジャズを創造し、同時に多くのミュージシャンを育てた、まさに“ワン・アンド・オンリー”の存在である。彼を通して、二〇世紀後半のアメリカの音楽状況、黒人の位置、そして創造者の条件が浮かび上がってくる。パーカー、コルトレーン、ハンコック、ジミ・ヘンドリックス、マイケル・ジャクソンら、21人から迫る「帝王」の真実。(BOOKデータベース)

『マイルス・デイヴィスとは誰か──「ジャズの帝王」を巡る21人』(公式ブログ)

FC2ブログランキングクリックして応援お願いします!

2008年04月30日 2007年 トラックバック:0 コメント:0

ウェブ人間論



楽天はこちら
ウェブ人間論
ウェブ進化論

著者は『ウェブ進化論』の梅田望夫、芥川賞作家の平野啓一郎という論客2人。「ウェブ世界で生きることとは」、「匿名社会のサバイバル術」などのテーマに沿って、彼らが16時間にわたり交わした激論をまとめた。グーグルの登場以来、情報は日々整理、構造化されている。人間はその大きな波の中で、ウェブにどう向き合うべきか、どうやって利用すべきか、という課題にぶち当たる。そのとき、著者2人ならどうするか。読者にネット上での新しい生き方を提示する。(日経コンピュータ)

『ウェブ人間論』、アマゾンetcにて予約開始!(公式ブログ)

梅田望夫との対談は、炎上し話題となったこの記事を書かせ、平野啓一郎にブログを始めさせるきっかけになりました。さすがWebの伝道師、梅田望夫です。

FC2ブログランキングクリックして応援お願いします!

2008年04月26日 2007年 トラックバック:0 コメント:0

モノローグ



楽天はこちら
モノローグ

1 作家論、評論(『金閣寺』論/『英霊の声』論/幸福にならなかった王子―オスカー・ワイルド ほか)/2 建築、演劇、音楽、美術(バルセロナ時代の若いピカソ―異質なるものとしてのスペイン/タブローと生活―ル・コルビュジエ『ラ・ロッシュ=ジャンヌレ邸』にて/試みとしての「庭園」―イサム・ノグチ“ユネスコ本部の庭園” ほか)/3 自作解題(贅言―『日蝕』の為に/『葬送』について/日記のための日記―一人称代名詞を巡る考察 ほか)

三島由紀夫の新たな読みを提示した「『金閣寺』論」「『英霊の声』論」を中心に、文学、音楽、美術、建築、そして、自らの作品について論じたファーストエッセイ集。『日蝕』の衝撃的デビューから現在まで、常に時代の最前線に立ちつづけた著者の軌跡。(BOOKデータベース)

FC2ブログランキングクリックして応援お願いします!

2008年04月25日 2007年 トラックバック:0 コメント:0

ディアローグ



楽天はこちら
ディアローグ

聖なるものを求めて(日野啓三)/三島由紀夫不在の三十年(古井由吉・島田雅彦)/信仰とエロティシズム(山折哲雄)/正統性の核へ―『葬送』の現代性(菅野昭正)/今日的『サド侯爵夫人』考(鐘下辰男)/SEXと文学(瀬戸内寂聴)/文学史に自分を結わえつけるための準備体操でした(高橋源一郎)/主観客観(横尾忠則)/韓国、日本の文学の現在(キム・ヨンス)/脱中心化されたトポス(青山真治)/今後四十年の文学を想像する(大江健三郎)/「暖かいウェブ」の思想(近藤淳也)

宗教・文学・演劇・美術・インターネット…ジャンルを超え、各界の第一人者に挑んだ対談集。そこで聞き取った「言葉」とは?問題作を次々と世に出す小説家の秘密が明かされる―時代の最先端で過去と向かい合い、未来を志向した著者の20代を中心とした思索と発見。(BOOKデータベース)

どの対談も知的な緊張感を保ったすばらしい内容ですが、特に、大江健三郎との対話はカタルシスを感じさせ、圧巻です。このノーベル賞作家は対談の最後に「40年後、今の自分と同じ立場になるのはあなたなのですよ」といった言葉を平野啓一郎に贈ります。

FC2ブログランキングクリックして応援お願いします!

2008年04月25日 2007年 トラックバック:0 コメント:0

グレン・グールドと平野啓一郎





楽天はこちら
Golden Gould ~ 平野啓一郎と辿るグレン・グールドの軌跡/グールド(グレン)
グレン・グールド 27歳の記憶(DVD) ◆20%OFF!

2007年10月、天才の若き輝きを映した唯一のフィルム「グレン・グールド27歳の記憶」が銀座でデジタル上映され、その後に平野啓一郎と研究者によるトークイベントがありました(この日、春香さんの姿もありました)。管理人も鑑賞しましたが、心に残る素晴らしい映像、そして平野啓一郎のグレン・グールドに対する思いでした。彼らには、早熟の才、世間に衝撃を与える作品を23歳で発表してベストセラー、といった共通点があります。

FC2ブログランキングクリックして応援お願いします!

2008年04月19日 2007年 トラックバック:0 コメント:0

金閣寺論


単なるエピゴーネンと言われるのは不愉快ですが、三島由紀夫には親近感を覚えます。三島の言う絶対者、具体的には天皇すなわち人間と天照大神とが直結する現人神のイメージは、キリスト教の受肉という概念にきわめて近い。ラテン的な神秘主義の坊さんがエロティックに神を夢想するのと近いというのが、僕の三島理解です。芥川の死に関して、三島は、死は芸術家の敗北であり、老いさらばえようと創作し続けるのが芸術家と書いていますが、彼自身は文人でなく、武人として死ぬことを選びました。にもかかわらず、三島の死が興味深いのは、死によってあらゆ る矛盾が神秘的に解決されるだろうとする彼の予感にあります。(PLAYBOY)

平野啓一郎といえば三島由紀夫です。幸か不幸か「三島由紀夫の再来」として世に出てきたために常に比較され続け、デビュー十年が経つ現在でも三島がらみの仕事、交流は途絶えることがありません。上記のコメントは99年のものですが、07年にはついに「金閣寺論」なるものを上梓しました(モノローグ収録)。平野啓一郎の論理的思考が詳細に読み取れます。

FC2ブログランキングクリックして応援お願いします!

2008年04月11日 2007年 トラックバック:0 コメント:0

| 平野啓一郎ブログTOP |

track feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。