FC2ブログ
平野啓一郎の人気度はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

阿部和重と平野啓一郎


楽天はこちら
シンセミア(1)
シンセミア(2)
シンセミア(3)
シンセミア(4)

20世紀最後の夏、神の町で何が起きたのか。占領下の血塗られた歴史と3つの事件が同時多発的に炸裂する現代小説の問題提起作。デビュー10年にして到達した、著者最高の傑作長編1600枚。(日販MARC)


こちらで平野啓一郎の名前も上がっています。それにしても「事件が同時多発的に炸裂する現代小説の問題提起作」とか「デビュー10年」とか「著者最高の傑作長編1600枚」とか、よく考えたら「決壊」は「シンセミア」とかぶっていますよね。資質的にも似ていると思うんです、このふたり。平野啓一郎は高橋源一郎との対話で「阿部作品は読んでいる」といってますし。いずれにしても「シンセミア」は掛け値なしの傑作ですから、現代社会を文学から理解する上でもぜひ「決壊」と合わせて読んでおきたいです。

FC2ブログランキングクリックして応援お願いします!

2008年06月11日 2008年 トラックバック:0 コメント:0

<< 折尾 | 平野啓一郎ブログTOP | 平野啓一郎の授業 >>












管理者にだけ公開する

track feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。