平野啓一郎の人気度はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

「日蝕」の文体を獲得



楽天はこちら
加藤剛(朗読)/名作を聴く(1)~森鴎外

僕自身もですね、森鴎外の史伝ものとかは努力する部分があるんですよね、やっぱり。でも、読者として能動的に参加していこうという意識があって読むんですけど、読むとそれなりに得るものがあるような気がします。まあ、古典的傑作といわれるもので、多かれ少なかれ退屈じゃない作品って言うのはないと思うんですよ。じゃあ、その退屈な部分が無くてもいいかというと、そうでもないんです。「日蝕」の場合ですと、最初の出だしの部分は中世の思想史のおさらいみたいなものでなかなか読むのが大変だという方がいらっしゃいますが、あそこの部分がないと小説として成り立たないんです。作者の希望としてはああいう部分もちゃんと読んでもらいたいと思いますけど。(週刊実話)


名作でも退屈な箇所はあります。でもそうした部分も読んでこそ本当に全体が理解できるわけですね。積極的に物語を楽しみたい方には、耳で聴くCDもおすすめです。けっこうハマります。平野啓一郎も「日蝕」の文体を獲得する際には鴎外のカセットブックを聴き込んだそうです。

FC2ブログランキングクリックして応援お願いします!

2008年04月15日 1996年 トラックバック:0 コメント:0

<< 処女作は17歳 | 平野啓一郎ブログTOP | 2008年本屋大賞 >>












管理者にだけ公開する

track feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。